FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

名古屋トライアングル project

街に仕組まれた幾何学構造・潜在力から、名古屋のまちづくりを思考する私論ブログ

プロフィール

Kashiwa★da

Author:Kashiwa★da
http://柏田.jp

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.08
31
先日発表された 「 広小路のせせらぎ構想 」が物議を醸しているそう。
いや「 せせらぎ 」よりも「 車線減 」への風当たりが強いようではあるが、・・・

○ 中日新聞 : 名古屋の広小路通にせせらぎ
 名古屋市は、広小路通の栄-伏見間(約八百メートル)の車道を現在の四車線から二車線にして歩道を広げ、幅五十センチのせせらぎをつくる構想を進めている。名古屋の都心部は、水と親しむ空間が少ないだけに市民の憩いの場としての活用に加え、ヒートアイランド現象緩和やきれいな水を堀川に流し込むことによる川の浄化の面でも期待する。ただ、車線減による交通渋滞の問題などもあり、各方面の反響を呼びそうだ。
・・・
※ 中日新聞記事より抜出
あれ、WEB記事には説明の図がないですね。
では、新聞紙面をスキャンしたものを、・・・
中日新聞(8/26)をスキャン 広小路せせらぎ構想

一応、地図上でも位置確認をしておこう。

ALPSLAB をキャプチャー + 加筆 大津通 ~ 伏見通

緑色に塗った部分が、今回構想の当該範囲である。

・・・・・・
・・・・・・

私、個人的には大賛成。

先日書いたように、ここ名古屋の車依存は尋常ではない。
○ CHUNICHI Web ページをキャプチャー

 - 遂に「 incubation(孵化)、incubate(孵化させる) 」という言葉は、
 - 日本社会に定着しなかったようだが、
 - 街というものは(特に中心的役割を担う都市の)その責を担って然るべき。
 - 時代は怱々と流れています。は、私の持論。

車のウロウロから産み出されるもの?・・・殆ど、無いでしょう!
重ねて言うが ・・・
街というものが何某かの 文化を産み出す 時には、
そこには 人のウロウロ があるはずじゃない?

・・・・・・
・・・・・・

さて今日の朝刊にもう一つ、
名古屋市による交通量予測の記事が・・・
○ 中日新聞 : 歩道拡幅「混雑せず」名古屋市が広小路交通調査

CHUNICHI Web ページをキャプチャー
 ・・・ 車線を現在の四車線から二車線にした場合、

広小路通
は休日の午前七時からの十二時間で一万九千四百台から六千百台となり69%減
これに伴い、
南の若宮大通が三万一千台から三万八千台で23%増
北にある錦通は一万六千七百台から一万八千九百台で13%増加する
とみている。
・・・
※ 中日新聞記事より抜出、改行

あっ、空撮の写真も見ておきましょう。

Google Maps をキャプチャー 

よく京都が暑いという話を聞きますが、
私の経験から、本当にクソ暑いっ!と感じるのは、・・・大阪(島之内)名古屋です。
・・・
写真を見てお気付きでしょうか?
はい、 三都市とも碁盤目の街 です。

京都は道幅の狭さと社寺の多さが幸いして、
なんとか太陽からの逃げ場を見つけられるのですが、
大阪と名古屋は、・・・そう、太陽がモロ! なんです。

 - 逃げ場?・・・そう、人だけじゃなく 道も逃げたい はずです。

今回の構想・・・
「 せせらぎ 」そのものより 「 逃げ場 」 に乾杯! かな。
スポンサーサイト



2007.08
14
名古屋の街の中には、単純な三角形 が潜んでいる。
○ 名古屋トライアングル 名古屋トライアングル

・・・・・・
・・・・・・

では、その 「 名古屋トライアングル 」 に
チョイと 現在の鉄道路線 を重ねてみましょ。
 - 赤線- : JR,名鉄、近鉄
 - 黄線- : 名古屋市営地下鉄

Fig - 名古屋市内-鉄道網 名古屋トライアングル + 鉄道網
 
 - 時代の移り変わりと共に、
 - 名古屋の街を走る鉄道交通も大きく様変わりをする。
 - 
 - 明治末から市内を網羅していた路面電車( 名古屋市電 )は、
 - 昭和49年(1974年)には廃止され、
 - ・・・・・・
 - 現在、代わりに街中を走るのは
 - 昭和32年(1957年)から敷設され始めた地下鉄である。
 - ○ 名古屋市交通局 - 地下鉄:のびる地下鉄


過去 「 名古屋トライアングル 」 に気付いた人間は誰もいなかったらしく (笑)
現状の地下鉄経路を眺めれば、ほとんど噛合っていない! ・・・ あぁ残念。

でも、そうなんです ・・・
名古屋の街は著しく偏心している のではないか? 」
私がずぅ~とこの街に抱いている懸念が、そんな所にも見え隠れ。

・・・・・・
・・・・・・

取合えず 「 鉄道と地下鉄との(乗換)連絡 」 で、上図の補足説明を。

 - ● JR東海道本線は、長い間 名古屋駅 のみで地下鉄と連絡していたが、
 -  現在は 金山駅 も連絡。
 - 
 - ● JR中央本線は、 大曽根駅千種駅鶴舞駅金山駅 と連絡するが、
 -  最終的には中央本線始発着駅である 名古屋駅 も連絡。
 - 
 - ● 名鉄(本線)も、名古屋駅金山駅 の2駅での連絡。
 - 
 - ● 名鉄瀬戸線は、大曽根駅 と始発着駅の 栄駅 で連絡。
 - 
 - ● 近鉄は、八田駅 と始発着駅の 名古屋駅 での連絡。

書き出した駅名を見ただけでも、その偏りぶりは判る。
何の彼の言って、・・・
終いには 名古屋駅に集束してしまう街構造 なのが見て取れる。
( ようやく金山駅が第二の玄関になった事は救いではある )
・・・
のだが、・・・ そうね、よりその姿を明確にしてみなきゃ、気分は納まらないよね。

・・・・・・
・・・・・・  
 
では、( 用意した資料は次のようなもの )

 - ○ 名古屋市>名古屋市政>統計>統計なごやweb版
 -  >毎年の統計データ(名古屋市統計年鑑)

 -  の、 各年度版 「 11.運輸・通信 」
 -   ・ 11- 4. 市営地下鉄各駅の乗車人員
 -   ・ 11- 9. 名鉄各駅の乗車人員
 -   ・ 11-10. 近鉄各駅の乗車人員     等
 -   
 - ○ 名古屋市>名古屋市政>統計>統計なごやweb版
 -  >統計でみた名古屋のスケッチ

 -  の、「 市街地の整備 - 交通 」
 - 
 -  主要駅の乗車人員(乗降者数)が記載されている(H18)
 -  市街地の整備 資料をキャプチャー 市街地の整備 - 交通(平成18年末)
 - 
 - ○ (財)名古屋都市センター:名古屋のまちづくりデータ
 -  の、「 第3章 名古屋の成長・ストック指標 」 の 「 3.都市活動 」
 - 
 -  主要駅、各鉄道会社別の乗車人員(乗降者数)を記載(H8/13)
 -  3.都市活動 資料をキャプチャー 交通結節点の乗車人員の推移
 - 
 -  地下鉄各駅の乗車人員(乗降者数)を記載(H7/13)
 -  3.都市活動 資料をキャプチャー 地下鉄の乗車人員の推移

・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・

はいっ、では発表します ・・・ これが嘘偽りのない ヘ~ンシン の姿だ!

Fig - 名古屋市内-各駅乗車人員 名古屋トライアングル + 各駅乗車人員

※ 薄い黄:地下鉄駅、濃い黄:地下鉄-鉄道連絡駅
※ 緑:JR,紫:名鉄

言葉は要らない、見ての通りの偏心具合だ。

 - そして、そう ・・・ 
 - 私にとって 「 名古屋トライアングル 」 は
 - 評価グラフ(バランス・シート)の一つでもあるんだね。

2007.08
03
名古屋は 「 車の街だと言われる 」 と言うか、
車の街そのもの なのであった。

*ist DS + Sigma 10-20mm F4-5.6 よい子はここを横断してはいけません


ここに面白い資料がある。

3.都市活動 資料をキャプチャー 東京・大阪・名古屋-交通機関別割合

 ○ (財)名古屋都市センター:名古屋のまちづくりデータ
  の、 「 第3章 名古屋の成長・ストック指標 」 の 「 3.都市活動 」
     「【TOPIC】市内交通機関別輸送割合(平成12年)」  より抜出。

東京のグラフを見て、 ・・・ フムフム
大阪のグラフを見て、 ・・・ フムフム

名古屋のグラフを見て、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ エッ ・・・

 - いやいや、こんな一つ一つの都市内の割合だけ見ていても、
 - ・・・・・・
 - なので、比較出来るように図を作成してみることにする。
 - ・・・ ( はいな、私はアナログ人間だ )


上記表中の数値 ( 鉄道合計と路面交通 ) を使用
市内交通機関別輸送割合 東京・大阪・名古屋比較 - アナログ化

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ エッ ・・・ これでいい ・・・ わけない。


太陽光発電でECO