FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

名古屋トライアングル project

街に仕組まれた幾何学構造・潜在力から、名古屋のまちづくりを思考する私論ブログ

プロフィール

Kashiwa★da

Author:Kashiwa★da
http://柏田.jp

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.04
29
ここ名古屋の地に初めて
ガタゴトゴットン・・・ガタゴトゴットン・・・
と鉄道の音が鳴り響いたのは、明治19年(1886) のこと。

○ Wikipedia :東海道本線 - 歴史

その年の3月1日から6月1日に渡り一月毎に、
「武豊駅~熱田駅」・・「熱田駅~清洲駅」・・「清洲駅~一ノ宮駅」・・「一ノ宮駅~木曽川駅」
と開通は、つまり 「 武豊駅 ~ 木曽川駅 」 というプロジェクトだった事が伺える。

但し、この路線が 「 東海道本線施設 」 の意でなかった事は、
北陸本線の施設年を見れば一目瞭然となる。

○ Wikipedia :北陸本線 - 歴史

「 武豊駅 ~ 木曽川駅 」 から遡ること二年、
明治17年(1884)4月16日には 「 長浜駅 ~ 金ヶ崎駅(現敦賀港駅) 」 が、
またその翌月5月25日には 「 長浜駅 ~ 大垣駅 」 が開通しているのである。

そして、明治20年(1887)1月21日、4月25日に其々
「 大垣駅 ~ 岐阜駅 」 「 岐阜駅 ~ 木曽川駅 」 が開通!!!

K10D + Sigma 10-20mm F4-5.6 気分!(許せ、東海道線に非ず)

つまり・・・・・・ここに遂に
「 武豊駅 ~ 金ヶ崎駅(現敦賀港駅) 」 
なる
「 太平洋 ~(琵琶湖)~ 日本海 」 ライン の誕生を目にした訳である。

んん?・・・そうですね!・・・何故に 武豊駅? と思った人はこちらを。
○ Wikipedia:衣浦港


「 東と西を結ぶ 」 と言うより、
「 海と海を結ぶ 」 という強い意図がここにある・・・よね、ね。
・・・・・・・・・
この時の 「 名古屋(名護屋) 」 は、
東京と大阪の間に位置する街ではなく、
紛れも無く 太平洋と日本海の間に位置する街 であって、
この街の西のはずれをかすめるように、
ガタゴトゴットン・・・ガタゴトゴットン・・・と機関車は走っていたはずなのである。

スポンサーサイト



2007.04
09
追い込んで、追い込んで、追い込んだ結果としての 「 形 」
・・・では無くて、

「 今そこにある形 」 に何らかの意味を与えたい、
てなことをい~つも思っているからか ・・・・・・

Google Earth をキャプチャー 堀川と新堀川と久屋大通(公園)と城総構で 一つの輪

の、
茄子というかヘチマというか、この 「 ヘコヘコした 一つの輪 」 は、
なんとも愛らしいではないか!

この 
茄子というかヘチマというか、この 「 ヘコヘコした 一つの輪 」 が、

私たちの 心象に上手く浮かび上がるような 仕掛け があると面白いなぁ!
太陽光発電でECO