FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

名古屋トライアングル project

街に仕組まれた幾何学構造・潜在力から、名古屋のまちづくりを思考する私論ブログ

プロフィール

Kashiwa★da

Author:Kashiwa★da
http://柏田.jp

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.01
23
「尾張名古屋は城で持つ」 は、

K10D + Sigma 10-20mm F4-5.6 名古屋城天守閣

戦後に(もちろん)九州の片田舎で育った人間にとっては
「一富士二鷹三茄子」にも似て(そうね、全然ねぇ)
「こりゃぁ、もうまぁ~たく」と言っていい程、
預かり知らぬ戯言にも聞こえていたのだが(笑)・・・

そもそもは、伊勢音頭にその源があるらしい。

--- このような、いつ覚えたか(覚えさせられたか)の言い回しは、
--- その昔にも全国津々浦々言い伝えられていたものなのだろうか?
--- んぅぅ!!!まぁいいや、またいつかだな。

さて、慣れ親しむ程に日本三名城と言えばその名を耳にし、
況してや戦災で消失さえしなければ、
世界遺産・国宝の姫路城と並び称されたであろうなればっ!

聞けば、城郭全体を把握できるのは稀だと言う。
本丸御殿が消失しなければトビッキリの国宝であっただろうと言う。
(消失するまでは、ハイッもちろんの国宝!)
ツクヅク!!!惜しいことだと 言う 思う。

にしても、・・・
いくら紛い物の鉄筋コンクリート造天守閣と言えど、
名古屋の街を歩いていてもその姿を
、、、、、ど~こからも眺め見る事が出来ぬ事は
ツクヅク!!!惜しいことだと思う。

例えば、姫路駅でホームに降り立てば ・・・

 感動するっ!じゃないかっ!


ほらっ、大坂でも環状線に乗ればっ・・・(まだ京阪でもチョロッと見えるのかな?)・・・
 
 感動するっ!じゃないかっ!


観光する人達がこっちまでは回ってこないのも残念。
もし天守閣が現存していたら、
当然この清洲櫓(清洲城小天守を移築したものと言われる)も、
当然国宝・・・でしょう。

*istDS + Sigma 10-20mm F4-5.6 清洲城

それは・・・ほらっ、こっち!
 ・
 ・
 ・
 
 感動するっ!じゃないかっ!・・・か?


※ 名古屋城本丸御殿の復元事業が着々と動いているようです。そうでなくては!
スポンサーサイト



太陽光発電でECO