FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

名古屋トライアングル project

街に仕組まれた幾何学構造・潜在力から、名古屋のまちづくりを思考する私論ブログ

プロフィール

Kashiwa★da

Author:Kashiwa★da
http://柏田.jp

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.01
28
歴史の皮肉である。


現代の名古屋繁華街と名古屋城との乖離については、K10D + Sigma 10-20mm F4-5.6 通学路に名古屋城

時代が進むにつれ、湿地帯への建設が進む。
明治24年の地図を見ると、
堀川の西北側・現在の城西(現住所地名の)地域に集落が見て取れる。



現在は勿論西と言わず、北と言わず、街が形成されていることは言うまでも無い。
深井丸から北を眺めてみよう。

K10D + Sigma 10-20mm F4-5.6 深井丸から北(堀端町)を見る

歩いてみても、なんとも穏やかな街の様子だ。
犬の散歩をする人、ジョギングをする人・・・
観光客はいないし、観光然とした様相もこれまた呈さず。
(但し、キャッスル・ホテルだけはド~~~ンとある・・・笑)

さて、K10D + Sigma 10-20mm F4-5.6 清洲櫓(西北隅櫓)

近代を経て現代・・・
「人を寄せ付けぬ為の湿地帯と水堀」 が、
何とも「ゆったりと時間の流れる親しみの空間」に生まれ変わっている。

外堀通で感じた様な、無自覚に造り足されてきただろうはずの
あの人を寄せ付けない殺風景さとは格別の違いを見せる。
素晴らしいじゃないか!!!

この親しみが、城の周りをグルリとすれば ・・・
そのグルリが、繁華街である栄、錦にスルリと繋がれば ・・・
んんぅ~、惜しいよなぁ! ねぇ!

::more
スポンサーサイト



2007.01
24
名古屋城の普請が始まったのは、1610年(企画・設計は1609年?)である。
三年後には丸々400年と言うことになる。

現在、本丸二の丸西の丸御深井丸(西北角:おふけまる)が、
観光施設「名古屋城」である。 一人、500円也!
 - おっ、年間パスは、2,000円かぁ!!!
 - ん~、そのことは後で湯船に浸かって考えよぅ。

ところで、その東と南を逆L型に囲むように造られたのが、三の丸である。
現在は、県庁・市役所等の公の機関(戦前は、ご他聞に漏れず軍駐屯地だ)が、
気持ち悪いくらいに行儀良く立ち並んでいる。
 - そう、車は走っているが、人は歩いていない。

・・・・・・
・・・・・・

地図を見てみよう。

 三の丸、外堀、そして丸の内

名古屋の街は、この三の丸の東と南に、
碁盤目(近世では、ここ名古屋と大坂かな)に創られた。
勿論そこには、外堀が存在する。

はい、外から名古屋にやってきた人間にとって
この外堀こそは・・・
名古屋を街として眺るた時に・・・・・ 喉に刺さった骨 に他ならない。

・・・・・・
・・・・・・

もう一度、地図で確認しよう。

名古屋の街で商業が集積し、人々の往来があるのは桜通以南。
外堀~桜通(丸の内)は、法人機関等、三の丸の延長的様相で、
歩いてみると・・・これが何とも味気ないのだ。

Sotobori Wall Google Earth をキャプチャー

往来のある栄、錦から名古屋城へアプローチするには、
●久屋大通
●大津通
●本町通
●伏見通   の四本のみであるのだが・・・さて、

戦後に防災帯として生まれた100M道路:久屋大通は、
外堀にぶつかると消滅する!......shit!

現在の主縦幹線である大津通も、車は走るが人の往来は無く・・・・・
そもそもの表道であろう本町通も・・・ホラッ

K10D + Sigma 10-20mm F4-5.6 本町通 × 外堀通
てな感じである。

そう、今この外堀通は・・・

K10D + Sigma 10-20mm F4-5.6 上には高速が圧し掛かる

の様な風景を呈するだけだ。

丸の内と言う
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」のエリアがあり、
「ヘヘェ~~~~~ン」と人を拒む外堀があり、
加えて、眼の上に ( 横か ) 高速道路が、
ドドドドォ~~~ンとをば、立ちはだかるのだ・・・・・・からして!

K10D + Sigma 10-20mm F4-5.6 外堀通、新御園橋

んぅ・・・
そこまでして、私(達)を名古屋城に近づけたくないのか?

そりゃぁ、江戸時代にも庶民がこの外堀を気軽に越えることは無かっただろう。
だが、今この平成の世にあっても
なかなか越えられない「深くて大きな溝」が横たわっているのを感じる。
ちょっとキツイぞ、この 逆L は!

だが、私は一片の救いを見つけた。
それは・・・ほんの30年前まであったと言う
お堀電車である!!!

・・・・・・
・・・・・・

今こそこの名古屋の 「 人の往来する地域 」
「 尾張名古屋は城で持つ 」 の 「 名古屋城 」
を直結させるべく、
この外堀を何とか有効活用出来ぬものだろうか!  ねぇ!

「ん?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
京都は蹴上のインクラインを、貴方は御存知ないだろうか???

・・・・・・
・・・・・・

さてと、風呂に入るとするかな
・・・「そうか、2,000円ねぇ」

2007.01
23
「尾張名古屋は城で持つ」 は、

K10D + Sigma 10-20mm F4-5.6 名古屋城天守閣

戦後に(もちろん)九州の片田舎で育った人間にとっては
「一富士二鷹三茄子」にも似て(そうね、全然ねぇ)
「こりゃぁ、もうまぁ~たく」と言っていい程、
預かり知らぬ戯言にも聞こえていたのだが(笑)・・・

そもそもは、伊勢音頭にその源があるらしい。

--- このような、いつ覚えたか(覚えさせられたか)の言い回しは、
--- その昔にも全国津々浦々言い伝えられていたものなのだろうか?
--- んぅぅ!!!まぁいいや、またいつかだな。

さて、慣れ親しむ程に日本三名城と言えばその名を耳にし、
況してや戦災で消失さえしなければ、
世界遺産・国宝の姫路城と並び称されたであろうなればっ!

聞けば、城郭全体を把握できるのは稀だと言う。
本丸御殿が消失しなければトビッキリの国宝であっただろうと言う。
(消失するまでは、ハイッもちろんの国宝!)
ツクヅク!!!惜しいことだと 言う 思う。

にしても、・・・
いくら紛い物の鉄筋コンクリート造天守閣と言えど、
名古屋の街を歩いていてもその姿を
、、、、、ど~こからも眺め見る事が出来ぬ事は
ツクヅク!!!惜しいことだと思う。

例えば、姫路駅でホームに降り立てば ・・・

 感動するっ!じゃないかっ!


ほらっ、大坂でも環状線に乗ればっ・・・(まだ京阪でもチョロッと見えるのかな?)・・・
 
 感動するっ!じゃないかっ!


観光する人達がこっちまでは回ってこないのも残念。
もし天守閣が現存していたら、
当然この清洲櫓(清洲城小天守を移築したものと言われる)も、
当然国宝・・・でしょう。

*istDS + Sigma 10-20mm F4-5.6 清洲城

それは・・・ほらっ、こっち!
 ・
 ・
 ・
 
 感動するっ!じゃないかっ!・・・か?


※ 名古屋城本丸御殿の復元事業が着々と動いているようです。そうでなくては!
2007.01
07
そこが初めて訪れる街ならば尚更だが、まずはバスに乗ってみる。

「どんな街だぁ?」
見知らぬ街への探求心は、これはもう勝手にフツフツと湧き出て来るのだから致し方無い。

が、いつもバス停の前で立ち竦む事になる。困ったものだ。

「さっぱり、わからんっ!」
目の前に並んでいるのは、聞いたことも見たことも無い地名の羅列。
このバスに乗ったら最後、「私はどこへ連れて行かれるのやら」
さてさて・・・

バス停 これは名古屋栄のターミナル、流石に地図付き

さて、そこでではあるのだが・・・

子供の頃からの地図好きの私である。事前にその街の地図は覗いている。
が、そこで眼にする地名の羅列に為す術が無い。いっ~~つもお手上げだ。
いつか誰かが気を利かせて、「ホラ、ちょいと」とバス停の横っちょにでも路線地図など備えぬものかと思うのだが・・・無いっ、んっとに残念だ!
このバスは北へ行くのか?南か?西か?それとも東へ行くのか?
立ち竦む度に思い続けてうん十年の平成19年ではある。

例えば、名古屋市バスはWEB上に路線図(路線地図)を載せている。
名古屋市交通局

あっ、路線模式図ではない。欲しいのは、路線地図である。例えば
路線図ドットコム/名古屋市/名古屋市内バス路線図(名古屋市営バス)
住人なら未だしも、門外漢には距離スケールの無い模式図では心許無い。

さてさて・・・いい加減、街中の全てのバス停に、
路線図(路線地図)位は 「ホラ、ちょいと」 と貼って頂きたいものだ。

太陽光発電でECO